200系 ハイエース の 天井張替 参考例 カスタマイジング

Customizing

車の修理参考例

 今回は 天井センター部分にキルティング加工を施しサイド部分はキルト加工無しのレザーを使用

  ハイエースの天井は大きい為、脱着時は2人で行うと早いです。


天井のセンター部分をキルトレザーにする為、レザーを
ダイヤ型に線を引き、ミシンで縫い、仕上げます。


 キルト加工後のレザー

  縫製の終わった布地に下地用ボンドを塗る

           天井に正確にラインを入れる   

張替え用布地と、天井本体に下地用ボンドを塗ります。
塗り終わったら一度乾燥させる事が重要です。
このぐらいの天井になると、使用するボンドは、エアガン
用のボンドで約10リットル近く使用します。
この大きさの天井は、缶スプレーボンドでは無理でしょう


  センターキルト部分の幅で正確に天井にラインを
  引きます

     ラインに沿い正確に接着して行く            時間をかけ、正確に

天井のラインに沿い、布地を正確に合わせながら接着
して行きます、時間をかけ、再度ボンドを塗りながら
張り合わせして行きます。

前から後ろまで張ったら、ラインと布地の位地を
確かめます。


       キルト部分の接着仕上がり

            後部天井も同じやり方で仕上げる

キルト部分の接着が終わったら、どちらかのサイド部分
の、布地と天井にサイドボンドを塗り半乾き状態で、
エアコン部分の凹凸分から前後に張りこんで行きます


後部天井の張り方も前部と同じですが、キルト部分の
合わせ目がちゃんと合っているか確かめましょう

         シワの逃がし方               半分完成 

この天井はエアコン部分の前後にこのようなシワが必ず
集まりますので、ヒートガンなどで暖めながら、少しづつ
シワを逃がしながら接着します。

   
キルト部分と片側が張り終わったところでしす。
             全体を張り終えた          シワが集まる場所
 
全体を張り終えたところです。
   
このような形状の天井は必ずシワが集まる場所が出来ますのであせらず、慎重に時間を掛け、施工いたしましょう
          後部天井張替え完成           2色使いの天井張替え
 
   
              2色使いの天井張替え              レザー単色での張替え

           レザー単色での張替え             スエード布地での天井張替え 
 
   
                 
 

≫前のページに戻る