カスタマイジング 二輪車 バイクシート、ジェットスキーの張替え方法参考例

Customizing

二輪車


■バイクバイクシートの張り替え

シートが破れたり古くなったら張替えては?


ホンダのディオのシートを合皮の青と赤で張替え致しました。


ディオのシートをアルカンターラで張替えました

    原付バイクのシート張替え
  
  左のシートはパンチングエンボスの青と
  赤のコンビで張替え。

  右のシートは青のパンチングアルカンター
  ラと無地のアルカンターラ黒で張替え。

■Vマックス

黒からフェラーリレッドに乗り換え


縫い目にステッチを入れると今までとは違ったシートに変身です。


黒に赤のステッチです

純正のシート焼けて白っぽくなってしまっていたものを、フェラーリのような真っ赤な野外使用に耐えれる専用合皮レザーで張替えました。

≫詳細はこちら

         シートのあんこ抜き加工  DIY はいかがですか


    脚着きが悪いなど、ウレタンを
  加工したい方の為のページです。
 
      ≫ 詳細はこちらから

バイク ガソリンタンク

  ファイアーパターンでイメージチェンジ

≫詳細はこちら

アジアンテイスト 葦柄 イージーシートカバー カブ50cc編

   
    カブ用の簡単カバーの紹介

    アジアンテイスト一杯の葦を編んだ様な仕上がりのレザー2色で女性にでも出来る張替えた様にヒィットするカバー
  今回はカブ用を限定で販売致しました。
    ≫装着方法はこちらから

本皮調のシボ(表面の柄)のきれいなレザーでシートの張替え

     本皮調のレザーで張替え

原付のシートも張替えると見違えるほどです

  このレザーは1m単価1500円で販売中
  ショッピングをご覧下さい。

ビックスクーターのシート改造編

                 ベースの改造から型取り完成までの流れの紹介

アルカンターラのパンチングと無地の布地のコンビで仕上げました

≫詳細はこちら

              2色を使ったシートの張替え
純正はグラック1色ですが、今回は2色で
張替えました。
このエンボスレザーは当社ショッピングから購入可能です。
張替え順序は詳細ページをご覧下さい。


               ≫詳細はこちらから

簡単なシートの張替え例

ノーマルの高さまでウレタンを足し最後は赤いステッチで仕上げました。

≫詳細はこちら

    縫い合わせ無しで張替えます  
 このシートは本来縫い合わせて張ってありますが、今回はグレーのパンチングレザーで
1枚で張ってみました。
   使用レザー
 濃いグレー幅95   1m   1500円

張替え時は、タッカーを使用致しましょう。

                 縫製無しで1枚張りが可能なシート形状例

                 キルティング仕様  
上面にキルティング加工を施し張替えしました

キルティング時にお好みの糸を使用すると
又雰囲気が変わります。
    
         キルティング加工

  左側が Wステッチ加工

  右側が シングルステッチ加工

 最近はWステッチの要望が多いようです。
               ジェットスキーのシートの張替え
ジェットスキーのシートを張替える場合
なるべくなら縫い目を入れないで張替えたい
と思っている方が大部分では無いでしょうか
通常ビニールレザーは横幅に対して伸びがあり、長さ(縦)に対しては伸び無いのが通常のレザーです。
その性質を良く理解して頂ければ、このように
1枚で張替える事が可能です
       ≫詳細はこちら
   ジェットスキーのシート張替え
センター部分にパンチングエンボスのレザー
を使い回りは無地のレザーで張替えました。
   使用したレザー
パンチングエンボス  1m  2200円
無地レザー       1m  1500円

  使用したレザーはどちらも全天候用です。
  カワサキのダブルシートの張替
フロント部は黒のパンチングレザー

リア部は赤のパンチングレザー

全天候ウーリーナイロンパンチングエンボスレザーを使用しました。
   シードゥーのダブルシートの張替

フロント部は黒のパンチングと車体色の黄色でアクセントを付けました。

リア部は黒のパンチングと黒の無地レザー
     
              モトクロッサーのシート張替え編    1枚での張替
今回はグリップの良いシート用ビニールレザーを縫い目無しで1枚で張替えました。




           ≫詳細はこちらから
     
                     モトクロッサーシートの高さ調整と張り替え  1枚での張替

座る位置を30ミリ高くしたい場合

純正のウレタン内部にチップウレタン30ミリ
を入れ接着します

純正のウレタンを戻しレザーで張り替えると
ポジションが30ミリ高くなり楽ちんです。
                  BMWのシート張替え
使い込んだシートは表皮がツルツルになって
きます、グリップ性が落ちた為、赤のエンボス
(パンチングレザー)とオートバイ用の黒無地レザーで、張替え致しました、ついでに、前、タンク側の高さを少し落とし、走行姿勢が、疲れないように致しました。

 各部の高さ調整を行い張り替え例

シート前後の高さを合わせ座るポジションの
高さをウレタンで増して高さを足しサイド部分はウレタンを削り長距離でも疲れないように
加工を行いました。

   バイクのカラーに合わせた張り替え
             古いオートバイのシート(内部ウレタンからの作成)張替え
古いオートバイで内部ウレタンがもうボロボロ
になって、使えないため、ミックスウレタンを使用して、成形し表皮は黒のエンボスパンチングレザーで張替え致しました。



         ≫詳細はこちらから
                        クロスエンボス(シルバーグレー)で1枚張り
       オフロード車の張替え

  クロスエンボスレザーを使い、縫い合せ
  無しで1枚で張替えました。

 クロスエンボスレザー 価格
 ブラック     1m  1500円
 シルバーグレー1m  1500円
このシートはシルバーグレーを使用しました。
                 ダイヤエンボスレザーと無地レザーのコンビで張替
       オフロード車の張替え
  赤のダイヤエンボスレザーと無地の青紫
  の2色で張替え致しました。

  ダイヤエンボスレザー   価格
  赤          1m   1500円
  青          1m   1500円
  紺          1m   1500円で発売中です。
                        オフロードバイクシート  2色無地で張替え
      オフロード車のシート張替え
       使用した材料は
 
  梨地無地黒    1m  1500円
  純正タイプ無地赤 1m  1500円

を各色50センチづつ使用して張替えました。
            一体成型シートを座面にキルトを入れシルバーのパイピングで仕上げました。
    1枚成型シートの張替
  1枚熱処理で成型されているシートです。
  張替仕様は上部にウレタンを入れレザー
  に縫い目を入れ、シルバーでパイピング
  処理を致しました。
キルト用ウレタンは裏地が張ってあるタイプを使用する事によりきれいにラインを出す事が出来ます。ウレタンはショッピングで販売中です。5ミリ、10ミリあり
                エナメルレザーを使用しての張替例
 
   キルティング縫製のご注意

  キルティングはミシンの針穴から水の
  侵入が考えられますので、張り替える
  前にベースのウレタンにラッピングを
  施す事をお勧め致します。

     ≫その他の画像はこちらから
                      アルカンターラでのシート張替え  無地とパンチングを使用
      アルカンターラでの張替え
グリップ性能とファッション性でアルカンターラ
でのシート張替えが多いのですが、アルカンターラは防水性ではありませんので、市販のカバーを常時携帯しておくと急な雨でもシートを濡らさず使用出来ます。
当社張替え時は内部に浸透防止の為にビニールを巻いてから張替えております。
    アルカンターラでの張替え

座る部分のウレタンを加工して2色のアルカンターラで刺繍を入れ張り替えました。
     アルカンターラでの張替え
パンチングアルカンターラ青とアルカンターラ
無地の黒を使用して、ステッチは赤で仕上げました。 
                     オールド ハーレーのシート作成  内部下地からウレタン作成まで
    ハーレーのシートの作成

骨格だけのシートフレーム
通常は四方に硬質のビニールが覆ってあり
レザーで包んであるシートですが、今回は
クッション材を入れ、ウレタンで成型してあくまでも形はノーマルにこだわりました。

          ≫詳細はこちらから